ライカ スマートレベル スプリンター 100M / 200M  (有)山口商店 2014/04/22


 

お待たせしました。

すべてのレベル(水準)作業は今日からもっと簡単に、しかも正確になります。

 

2006/04 100M プラス / 200M プラス が発売になりました。

詳細はライカニュースのページここをご覧下さい。

 

新発売 バーコードテープ

 

ライカ スマートレベル スプリンター 100M プラス / 200M プラス

 ※100M/200Mから100Mプラス/200Mプラスに移行し機能アップになりました。

読み間違えなし!

常に標尺を正確に読み取る高い信頼性

 

ライカ スプリンターはあなたの代わりに高さと距離をバーコードから正確に読み取ります。

たった今から、あなたは読み取り間違えや書き間違いなどから解放されます。

速い!

 

驚異的な時間短縮効果


従来の方法に比べて最も大きく異なるのは、その作業時間です。
読み取りだけでも約3秒で終了。従釆のおよそ半分でこなします。
基準高との高低差を求める場合も計算を自動的に行うため約3秒で完了。測定と同時に計算結果を得ることができ、従釆の方法に比べて圧倒的に時間を短縮できます。
作業の生産性を向上し、時間や材料の節約をお約束します。

ミスは過去の遺物です!

安心の整準警報センサー付


スプリンターは経験豊富な測量作業者並みのサポートを行います。
三脚が動いたなど、整準が狂っていた場合には測定せず警報を出します。もはや測量のミスは生まれません。

簡単な操作!

 

簡単なキーポードと表示


ライカスプリンターは従来のオートレベルと変わらず簡単な操作で使用でき、ほとんど説明書を必要としません。
いつものように照準し、焦点を合わせてからキーをひとつ押すだけでスタッフ(標尺)の読み値、標高値、高低差などすべてが瞬時に表示されます。特別な訓練はまったく必要ありません。

優れた耐環境性!

防塵・防水性IP55、最低照度20Lux


日照や雨にも安心の設計になっています。
また従釆オートレベルでは読めなかったような非常に暗い現場(20Lux:※)でも測定可能なため、作業する場所や時間帯を選ぴません。

電卓はもう不要!

数値入力機能搭載で素早い計算

ベンチマークのGL入力により、

標高値で測定点の高さを表示できます。

また高低差(比高)の計算も測定と同時に行し、

正確で素早い作業をお約束します。

※:20Luxとは30cm先の大きさ5mmの文字がなんとか読める明るさとJISには表現されています。

 

さらに・・・・・

 

連続測定機能

振動が激しい、現場での遮蔽物が多い、見通しが良くない、交通量が多いなど1回で読み取りが難しい状況で便利です。
従来のようにスタッフ(標尺)を前後に振って最低値を読み取ることも出来ます。

倒像標尺機能

スタッフ(標尺)の上下を判別できるので、天井の平坦度をみるのにスタッフ(標尺)を逆さまにして天井に当てて高低差を見ることが出来ます。

点検調整機能

視準線の誤差を電子的に補正できます。

オートオフ(省電力)機能

省電力のため15分間操作が行われないと電源を落とすように出来ています。
(保存されたデーターや設定は消えません)

数値・アルファベット入カ機能

測点番号の入力に数字やアルファベットが使えます。

電卓が要らなくなります

ベンチマークのGL入力により、標高値で測定点の高さを表示できます。また高低差(比高)の計算も間違えなく簡単に行い、正確で素早い作業をお約束します。

障害物の多い現場での作業の自由度向上

80m先でのバーコードの最小読み取り必要長は80cm通常標尺の長さ・幅共50%見えていれば測定します。

 

スプリンター 100 から 100M/200M で追加された機能・・・

 

再施工などの無駄な作業からの解放

読み取りミスの解消に加えて、書き取りミスによる間違いが無くなる。

内業の手間を省き、正確で迅速な処理が可能

水準測量用電卓や縦横断プログラムをもった電子野帳と組み合わせれば、 成果の処理が簡単に行えます。

内業における入力作業を解消

本体に記録したデーターは、付属の専用ツール(LGOツールズ)を使えば、Excelなど表計算フォーマットへの変換可能

 

スプリンター 100M/200M から 100Mプラス/200Mプラス で追加された機能・・・

 

中間点測量を含む路線測量(水準)機能をプラス

縦断測量・横断測量が飛躍的に便利

路線測量 BF BFFB BIF の3種類のプログラムを搭載

 路線測量 BF      (後視-前視)

 路線測量 BFFB (後視-前視-前視-後視)

 路線測量 BIF     (後視-中間点-前視)

    手順を作業に合わせて選べば、画面でガイド

後視点の標高(地盤高GL)を入力すれば、前視点の標高を自動算出します

読み取りミスの解消に加えて、書き取りミスによる間違いを解消

BIF(後視-中間点-前視)では、後視の後に中間点機能が使えます

縦断測量中の放射観測や横断測量に便利

水準測量用電卓や縦横断プログラムをもった電子野帳と組み合わせれば、

成果の処理が簡単に行えます

内業の手間を省き、正確で迅速な処理が可能

本体に記録したデーターは、付属の専用ツール(LGOツールズ)を使えば、

Excelなど表計算フォーマットへの変換可能

内業における入力作業を解消

 

路線測量機能と中間点測量機能のイメージ

路線測量機能と中間点測量機能

シンプルで迅速な処理機能(路線測量測定画面 BIF の例)

 

製品名

 SPRINTER100M (スプリンター100Mプラス)

 SPRINTER200M (スプリンター200Mプラス) 高精度タイプ

 

2006/04 100Mプラス/200Mプラス が発売になりました。

詳細はライカニュースのページここをご覧下さい。

 

主な仕様

 

 測定精度(高さ)標準偏差1km往復(lS017123-2準拠)

  電子式レベルおよびアルミバーコードスタッフにて 
  光学式レベルおよぴアルミスタッフにて 

 

 2.0mm (100Mプラス)    1.5mm (200Mプラス)

 2.5mm (100Mプラス:200Mプラス)

 測定精度 (距離)

 10mm/10m以下

 距離(m)x 0.001mm/10m以上

 測定距離範囲

  (電子式およびアルミバーコードスタッフにて) 

 2m〜80m

 光学式最短合照距離

 50cm

 

 測定時間 (電子式)

 通常3秒以内

 (日照の元では早くなり、薄暗い環境では遅くなることがあります)

 測定に必要な照度 (電子式)

 視認可能な明るさ
 最低照度 20Lux

 測定に必要な視野 (電子式)

 80mの距離にて最小80cm

 円形気泡管感度

 10'/2mm

 自動補正装置 

 磁気式 (警報機能付)

 自動補正範囲

 ±10'

 自動補正装置の設定精度 

 0.8″max

 測定・表示項目 

 高さ (標尺の読み、高低差、標高値) 距離

 RS232 ポート

 データ出力、外部電源接続

  外部通信(データコレクタなど用)

  フォーマットはGSI 8/16

 内部メモリーの容量

 500点までの測定値

 データ転送

 プログラム(100Mプラス/200MプラスからPC LGO ツール)

 液晶表示

 モノクロ 128x104 ピクセル

 防塵・防水性

 lP55

 電源

  作動時間 

 単3形電池4本(6V)

 アルカリ乾電池にて連続約10時間

 RS232 ポート経由の外部電源

 重量 

 2.5kg以下(電池含む)

 

標準構成

 SPRINTER 100M プラス

 ライカ スプリンター 100M プラス 本体

 キャリングケース、ストラップ

 調整用ピン

 取扱説明書

 クイツクガイド

 単3形乾電池

4

 バーコードスタッフ(標尺)

2

 サンシェード (レンズフード) 

1

 オプション

 充電式バッテリー

 充電器

 三脚

国土地理院認定3級レベル認定取得

 SPRINTER 200M プラス

 ライカ スプリンター 200M プラス 本体

 キャリングケース、ストラップ

 調整用ピン

 取扱説明書

 クイツクガイド

 単3形乾電池

4

 バーコードスタッフ(標尺)

2

 サンシェード (レンズフード) 

1

 オプション

 充電式バッテリー

 充電器

 三脚

国土地理院登録

スプリンター 200Mプラス

  

2級電子レベル

登録番号 No.17

国土地理院認定2級レベル認定取得

 

 2級バーコード標尺 GFL−4S 販売終了 2014/04/15

商 品 名

スプリンター用2級バーコード標尺GFL-4S (精密水準バーコード標尺)

製 品 仕 様

長さ

 4m

方式

 差込式3段継ぎ パチン錠留め 布ケース付き

スケール

 表面 スプリンター用バーコードパターン

 裏面

材質 

 FRP (グラスファイバー)

円形気泡管感度 

 20'/2mm

表面 バーコードパターン

本体寸法 

 4,050 x 65 x 30mm (L,W,D)

重量 

 5.2kg

特長

 グラスファイバー製 高精度

 持ちやすいハンドル付き

 差込式3段継ぎ

 円形気泡管付き

裏面 5mm/10mm スケール

国土地理院登録

精密水準バーコード標尺 GFL-4S

平成19年6月14日登録

水準標尺2級

登録番号 No.7

                    

2006/04 100Mプラス/200Mプラス が発売になりました。

詳細はライカニュースのページここをご覧下さい。

 

バーコードテープ(粘着式)

バーコードスタッフのかわりに使用可能

長さ60cm単位 3種類 0-60cm、60-120cm、120-180cm

幅バーコード部分25mm + cm目盛を片面に印刷

裏面は粘着テープ バカ棒やコンベックスに貼り付けることが可能

測定可能距離範囲は 約40mまで

 

価格

 

品番

品名

参考価格(円)

税抜価格

1

 

 スプリンター 100M プラス セット

 【標準構成】

 本体およびキャリングケース、ストラップ

 単3形乾電池4本
  専用標尺(スタッフ)×2本

 サンシェード(レンズフード)

オープン

2

 

 スプリンター 200M セット

 【標準構成】

 本体およびキャリングケース、ストラップ

 単3形乾電池4本
 専用標尺(スタッフ)×2本

 サンシェード(レンズフード)

オープン

スプリンター用アクセサリー

3

741885

アルミ製 バーコードスタッフ 日本語版 5m4段

GSS 111-2

 ※本体には2本標準で付属しています。

12,000円

4

636977

デジタルレベル用サンシェード GSB5

3,000円

5

741909

充電器 GKL25-2(Ni-MH単3バッテーリー4本付き)

7,500円

6

741897

Ni-MH 単3型バッテリー 4本パック GEB91

3,000円

7

663097

アルミ製球面三脚 BST01LK

25,000円

8

 

2級バーコード標尺 GFL-4S

 販売終了 2014/04/15

75,000円

▼販売価格

                    

2006/04 100Mプラス/200Mプラス が発売になりました。

詳細はライカニュースのページここをご覧下さい。

 

外部接続機器

タマヤ計測システム(株)製 「LC-22 Sprinter 」 (水準測量用電卓、縦断、横断、3級・4級水準)
本体標準価格 \120,O00(税別) 専用ケーブル\55,000(税別)

 

観測手簿出力

付属のデーター転送ソフトにて   

または、グローバル社製観測ソフトにて

商品名 「ライカ電子レベル観測手簿システム」  価格 ¥200,000(税別)

 

用途・適用分野および導入効果

スプリンター100Mプラス/200Mプラスをお使いいただくことで、作業負担の軽減、作業時間の短縮、作業時間や作業現場の自由度向上、より正確で安全な作業を実現します。
下記のような従来からのスマートレベルの導入効果に加えて、記録を自動化することにより測量結
果から人為的なミスを排除し、作業を測ることそのものに集中することが出来ますので、土木・建築現場のみならず、より多くの測点数をこなす測量会杜の簡易水準、縦横断測量等にも最適です。
バーコードを自動測定することにより測定スピードが速く、しかも計算まで瞬時におこなうスプリンターは、建築・土木現場における高低差設定に最適です。土木・建築現場では施工高さが設計値で決められています。今までは標尺(スタッフ)を人が光学的に読み、計算しながら高低差や標高値を求めていました。この際に生じる読み間違い、書き取り間違い、計算違いは施工の際に仕上がりのミスとして影響していました。
人が読みにくい程暗い現場(薄暗い建築現場・トンネルなどの土木現場)でのレベル作業にスプリンターは最適です。スプリンターの電子の目は従来の光学式レベル、デジタルレベルのいずれのものよりも暗い条件20Luxでも正確に読み取ります。またこれは現場作業の時間帯や天侯を選ぱず、薄暗い環境でも作業が続けられることを意味します。

 

開発の背景

工事現場では以下のような問題点を抱えていました。
人が望遠鏡を通して標尺の目盛を読んでいる

  >>読み間違いの発生、人が目視できる明るさでないと作業が出来ない
読み値は野帳に書き取る

  >>書き間違いが起きる
目盛の読み値は標尺上の値であって、直接の標高値ではないが、設計図面には現場の高さは標高値で記載されている

  >>数値の勘違い発生
斜面(傾斜)を作る場合には高低差を算出するために、標尺の読み値から計算機(主に電卓)を用いている

  >>書き取り間違いや計算違いの発生
器械(レベル)の水平度(整準)は人が気泡管を見て確認する

  >>気付かずに三脚がずれて器械(レペル)が水平になっていない場合があり、その場合は高さを測り間違える
ライカジオシステムズではこれらの問題点に着目し、解決策を検討。従来の操作感覚のままで問題を解決できるスマートレベノレを開発しました。


2006/04 100Mプラス/200Mプラス が発売になりました。

詳細はライカニュースのページここをご覧下さい。


ご購入は

 やまぐちしょうてんネットショップ でどうぞ!


  

  

履歴の件数